Chaos and Cuttlefishは18禁を含むPCゲーム(女性向け・男性向け)やBL小説・乙女系小説のレビューサイトです

夜光花「深紅の背徳」

BL小説レビュー
この記事は約2分で読めます。
タイトル
深紅の背徳
作者
夜光花
イラスト
高階佑
出版社
竹書房 ラヴァーズ文庫
出版日
2008-05-24

やっぱラヴァーズさんは好きです。エンタメに全振りしてる感じが。
自分の中にある、BL小説はかくあるべきっていう信念みたいなものに、ラヴァーズさんがいちばん近い。
私がBL小説に求めるものは、とりあえずエッチいっぱいで、エンターテイメントとして楽しめるってこと。センシティブとかよりも、そういうもののほうが好きなんだよなー。ミステリ畑にずっっといたからかもしれない。人の心の動きが納得できるってのは大前提として、でも前提でしかないというか……。とりあえず物語としてエンタメしてて面白い話が好きです。
で、夜光さんのお話が、はじめてBL小説の楽しみかたを学んだお話だったので、夜光さんに評価が甘いのであった。

これもすごくラヴァーズらしいお話で楽しかった。
神父様にヤクザにエロいっぱいに+吸血衝動……。BLってこうだよね~っていうお話。よかったです。
エロエロ神父様なので、初っぱなから感じまくりで好感持てますね。いいですね。
あと奈義も、はじめから優しさが垣間見えるので、お金を取ったのもなんか理由あってのことだろうと信じられるので、読んでいてストレスがなかった。
神父様がいい人なので、神父フィルターを通すと全員いい人になるってのがストレスなく読める理由かな。
なぜかある神父様の吸血設定は、設定が出てきたときにはおったまげた。
これも昔電子で買ったものの読み返し。ラヴァーズの電子はしっかりしていて、あとがきも挿絵もちゃんと紙と同じなのでいいなあ。
とりあえずアンリミテッドでも読めますので、ラヴァーズをいっぱい読みたい人は、アンリミテッドの無料期間にラヴァーズをいっぱい読むといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました