Chaos and Cuttlefishは18禁を含むPCゲーム(女性向け・男性向け)やBL小説・乙女系小説のレビューサイトです
BL小説レビュー

牧山とも「穢れなき虜囚」

たくさんの中から選ぶだけが愛じゃないよなあと、こういうのを読むと思います。
BL小説レビュー

野原滋「買われた男」

オークション、春画、緊縛!!と、なんかエロエロ単語オンパレードのあらすじに見せかけて、わりと普通に純愛でしたね。
BL小説レビュー

西野花「ふたりの上司に手籠めにされています」

ラヴァーズで西野さんとくれば自分の中の鉄板×2なので安心して読めます。
BL小説レビュー

剛しいら「おもちゃの王国」

ストーリーもほかにはない面白さがあって。ありがちではない物語ばかりなので、読んでいてとても面白い。
BL小説レビュー

水戸泉「王子様のヒミツ」

水戸さんはグッドなのでよいですね。 失敗がないのと軽く読めるので、安心してチョイスできる作家のひとり。
BL小説レビュー

夜光花「深紅の背徳」

やっぱラヴァーズさんは好きです。エンタメに全振りしてる感じが。
BL小説レビュー

宮緒葵「蜜家族」

悲劇を悲劇と捉えなければ、暁生の自我が崩壊したままであれば、これほど幸せなことはないという、キチ○イなお話です。
BL小説レビュー

バーバラ片桐「VIPルーム~魅惑の五角関係~」

うるせえ!! 私はエロが好きなんだ!!! とにかく失敗したくない、エロだけでいいってときは、わりかしラヴァーズ文庫さんを読みます。
BL小説レビュー

西野花「快楽刑」

エロといえば西野さんです。面白いです。 バリエーションに富んだエロ。表紙からも分かるとおり、4Pです。
BL小説レビュー

水戸泉「愛罪の代償」

面白かった! 私は一人称のBL小説が苦手と書いていますが、こういう、しっかりした一人称なら好きですよ。一人称である意味もある内容だし。
タイトルとURLをコピーしました