作家は行

八巻にのは
八巻にのは「残酷王の不器用な溺愛」

タイトル通りのお話で、甘くて可愛い。全然歪んでねえなって、最後らへんまで思ってたんだけど、最後の最後で歪みました。

続きを読む