Chaos and Cuttlefishは18禁を含むPCゲーム(女性向け・男性向け)やBL小説・乙女系小説のレビューサイトです

夜光花「オガクズで愛が満ちる」

BL小説レビュー
この記事は約1分で読めます。
タイトル
オガクズで愛が満ちる
作者
夜光花
イラスト
水名瀬雅良
出版社
海王社 ガッシュ文庫
出版日
2006-05-26

夜光さんは好きな作家のひとりなので、ハズレなく楽しみたいときに読みます。
これもとても面白かった。
2006年だけど古さは全然感じなかったな。

前半はわりとセンシティブな感じで、じっくり感情を描いていた。主人公の玲人の考えかたで共感できる部分があり、なかなか嬉しかった。
玲人の場合はトラウマがあってそうなったわけだけど、やはりこういう感情を描いてくれるのは嬉しいな。
後半は事件も起こり、なかなか驚かされる内容も明かされて、やはり面白いなー。
もっとボリュームがあっても良かったかもしれない。
エンドマークがついてからの物語も気になる部分があったので読んでみたかった。
犯人がどうなったのか、玲人は正当防衛で済んだのか、とか。

私はわりと年上攻めが好みですが、夜光さんは話が面白いので年下攻めでもとても面白く読みました。
玲人が相手を鳥羽君と君付けで呼ぶところがよい。

ガッシュの電子書籍、イラスト入りなのは良いのだがモアレがひどすぎる。
古い本だけだろうか。
あまりにひどい。

タイトルとURLをコピーしました