Chaos and Cuttlefishは18禁を含むPCゲーム(女性向け・男性向け)やBL小説・乙女系小説のレビューサイトです

高月まつり「奴隷城」

BL小説レビュー
この記事は約1分で読めます。
タイトル
奴隷城
作者
高月まつり
イラスト
サマミヤアカザ
出版社
学研パブリッシング もえぎ文庫
出版日
2011-09-13

今は亡きもえぎ文庫。
亡き……でいいんですよね。ぐぐってみたら、2015年くらいまでは電子のみで生きていたのかな。紙ではもうずいぶん前に死んでいたイメージ。どうしてこう、学研さんのラノベみたいなのは死んでしまうんだ。レモン文庫といい。(ネタが古い)

で、はい。奴隷城。
私はこういうお話が好きですよ。
何というか、こういうのは純愛だなあと思いますよ。
後味がいいわけではないんだけど、当人たちは幸せだから、これはこれでひとつの愛のかたち。愛のかたちは人それぞれ違う。
これが、響と進の愛だからしょうがないのだよなあ、と。
まあ、ボブゲでいうバッドエンドみたいなお話ですが。
でも、なんだかんだと危ういバランスを保ちながら、ふたりは一緒に生きていくだろうなと思えるお話でした。
普通の、先が見える小説よりは、こういうとんがった物語にどうしても惹かれる。
BLの懐の深さが分かるお話ってのはいいですね。

高月さんってこういうお話も書くんだとちょっとびっくりした。
明るいお話のイメージだったので。

タイトルとURLをコピーしました