作家か行

剛しいら
剛しいら「描くのは愛」

愛したあと、どうなっていくかを、剛さんの物語はうまく魅せていく。そこが好きだ。一筋縄でいかない面白さはそこにある。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「おもちゃの王国」

ストーリーもほかにはない面白さがあって。ありがちではない物語ばかりなので、読んでいてとても面白い。

続きを読む
高月まつり
高月まつり「奴隷城」

後味がいいわけではないんだけど、当人たちは幸せだから、これはこれでひとつの愛のかたち。愛のかたちは人それぞれ違う。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「大いなる遺産」

剛さんの作品には、ゲイカップルへの、偏見のないあたたかいまなざしがある。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「時のない男 顔のない男(3)」

1巻から3巻まで一気読みでしたー。面白かった。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「見知らぬ男 顔のない男(2)」

飛滝のそばにいるのが音彦でよかったなあ。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「顔のない男」

シリーズものって面白いから続けられるんで、3巻シリーズって時点で面白いはずだよ。あと私は付き合ってからの話が好きなので、シリーズものは良い。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「ペーパームーン」

ムーンライトの続編でした。
こちらもまたとても良くて、思わず一気読みしてしまいました。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「ムーンライト」

私は剛さんの書く、優しくて穏やかで理性的な攻めさんが好きです。

続きを読む
剛しいら
剛しいら「恋人は嘘を吐く」

記憶喪失のお話なんだけど、読んでみたらまさかの近未来モノ。びっくりしたけど面白かった!

続きを読む